桜結びの家

5人の大人が避暑
サクラの娘夫婦が集う(アトリエ・工房)

建物種別:

所在地:

長野県南佐久郡

構造:

暖房:

竣工当時の家族構成:

冬は零下20度になることもある八ヶ岳山麓の標高1630mに立つ別荘。雪かきが不要となるような屋根勾配、太陽光だけで室内気温をある程度維持できるOMソーラーシステムを採用。冬でも、お日様さえ出ていれば、時々補助的に薪ストーブを焚くぐらいで、十分な室内環境が得られる。

模型
彫刻家の夫が作った焼き物の模型。南に下がった傾斜地の南面に開口部と「お立ち台」が、東側に出窓、屋根にソーラーパネルと薪ストーブの煙突がある。

配置図
敷地の北側に道路、南側の斜面の下に沢。南側に深い広葉樹の森と川のせせらぎが楽しめるロケーション。

玄関へのアプローチ
北側の駐車場から、2寸勾配のグレーチングを埋め込んだスロープでアプローチする。グレーチングは雪が積もらなくていい。R屋根のかかったコリドール(外廊下)の奥に、玄関扉。その手前までで、外から帰って来た時に雪をはたいたり、雪遊びの道具をおいたりできる。

南側外観
逆の南側の沢から見上げると、南斜面に向かって開いた地下1階のRCのアトリエ部分と1階のリビングが見える。

撮影/秋山 実

西側外観
西側外観。左の横張りの部分が、玄関手前のコリドール。屋根は、雪下ろしをしないで済むように、南面で5寸、北面で7.6寸勾配とした。

平面図
スロープ、コリドール、デッキを経て、薪ストーブと南面に大きな出窓のある広いLDKに入る。キッチン、洗面、トイレの水回りは凍結防止のため最短経路の配管になっている。

外観
木製の大きな窓を閉めれば室内、開け放てば室外となるデッキ。屋根裏までガラス窓で、外の自然と一体となった空間。外に「開拓小屋」が見えている。私の一番のお気に入りの場所。

お立ち台
季節によって違う表情を見せるお立ち台は、この家の一等地。

森に融け込むリビング
LDKから南面の森を見る。室内というよりは、景色の中に浮いて居るような感じ。

みんなでワイワイ台所
台所は大勢でワイワイと囲んで作れるよう、IHクッキングヒーターを組み込んだ、調理台と食卓を兼ねたキッチンテーブルを作った。

2階から見おろす
窓のプロポーションは、正方形よりも少し横長。風景がパノラミックに展開する。

夏の外観と三角出窓
東側の三角出窓を横から見たところ。手を伸ばせば開閉できる角度にあり、出窓から見える空は、鳥の飛翔空間を切り取ったような高さになる。


プロジェクト一覧

  • choukoku_eyecatch

    彫刻と住む家

    高低差と複合住居
  • sakuramusubi_eyecatch

    桜結びの家

    5人の大人が避暑
  • setsugekka_eyecatch

    雪月花の家

    隠れ家付き
  • church_eyecatch

    美竹の教会

    サイクロイド曲線のアーチ天井
  • sumitate_eyecatch

    隅立て稲妻の家

    斜面地のビスタ
  • ukisumihashi_eyecatch

    浮墨橋の家

    浮上する書家
  • hishiawase_eyecatch

    菱合わせの家

    全員アーティスト
  • seigaiha_eyecatch

    青海波の家

    塔あり
  • oriyotsume_eyecatch

    折り四つ目の家

    太陽熱最大効果の家
  • noshidutsumi_eyecatch

    のし包みの家

    北海道で完全断熱
  • ginsei_eyscatch

    銀星のすみか

    最上階の我が家
  • yumigasane_eyecatch

    弓重ねの家

    鯉とクラシック
  • irekomasu_eyecatch

    入れ子升の家

    男+5人の女
  • koibue_eyecathc

    鯉笛の家

    コンサートルーム
  • eyecatch_kasaneougi

    重ね扇の家

    2階の書斎が特等席